身近な第三類医薬品とはなにか?

薬局でよく見かける第三類医薬品とは?

>

第三類薬品について

私たちが良く耳にする第三類薬品

第三類薬品の代表的な良く耳にする医薬品をあげてみます。

ハイチオールC、Q&Pコーワゴールド、アリナミンEXはTVコマーシャルなどでよく聞き、リポビタD、ユンケル、チョコラBB、なども有名な商品だと思います。

また、パテックス、ハリックス55・うがい薬・サロンパスA・のどぬ~るスプレー、龍角散、点眼薬のロート類は良くドラッグストアでも第三類医薬品は手に届くところに陳列されているので見かけると思います。
その他、消毒用エタノール、精製水、アイリスCL-I、ムヒ、イボコロリ、トピックAZトローチ、タ太田胃散整腸薬なども、第三類医薬品なのでよく見かけます。
ヘパリーゼはコンビニエンスストアでも購入でき見かけますね。

第三類医薬品?その効能

たくさんの第三類医薬品の種類を調べていくと、代表的なものは、ビタミン剤ではないかな?と思います。

例えば、美容に良いとか?
疲れをとるとか?
関節痛に良いとか?

実際、副作用も少なく、そんな薬品は効くのかな?という方もいますが、服用者本人の体質によると思います。
特に美容の錠剤は健康薬品として長く愛用する方が多く、即効性はないように思います。
「疲れを取る!」と言われているドリンク剤もその時の活力に過ぎないと思います。
即効性を求めるならば、薬局屋で薬剤師に相談し、第一類医薬品・第2類医薬品を購入するのもいいですし、病院に行って実際にお医者さんと相談し、病状にあった、薬を処方してもらうのも一つのてではないでしょうか?


この記事をシェアする
TOPへ戻る