身近な第三類医薬品とはなにか?

薬局でよく見かける第三類医薬品とは?

>

医薬品と第三医薬品

販売するには

ここでは薬品の取り扱い店舗について説明してあります。

第一類医薬品、第二類医薬品を販売するのは、第一類医薬品は特に高いリスクがあり副作用がともなう医薬品で、第二類医薬品は比較的リスクがあり、まれに副作用をともなう恐れのある医薬品のため、薬剤師の管理者を主として3年以上の実務経験のある人をおなかければなりません。
第三類医薬品を販売するのは、リスクが比較的低く、まれに副作用をともなう医薬品のため、薬剤師または販売者のどちらかを管理者としておけば販売可能です。

第一類医薬品、第二類医薬品は薬剤師が直接説明をし、販売をするので購入者の手の届かないところに陳列してあり、第三類医薬品は購入者の手の届く場所に陳列されています。

インターネット販売

以前はインターネット販売不可能だった医薬品、近年、インターネット社会になり、2009年6月1日に施行された改正薬事法により、第三類医薬品はインターネット販売が許可されています。
しかし、許可とはいえ販売者は薬局店舗をかまえていることと、特定販売の届け出をし、都道府県知事、保健所政令市長又は特別区区長に変更届を提出しなければ販売してはいけません。

そのほか、第三類医薬品は副作用が少ないですが、過剰摂取により体調を害することがあり、そのために、細かいルールが決められていて自由に販売することに制限されています。

販売可能な主な医薬品はビタミン剤の錠剤や栄養飲料、整腸薬、消化薬、目薬、消炎剤、湿布など、中にはハンドクリームも第三類医薬品に入ります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る