身近な第三類医薬品とはなにか?

医薬品と第三医薬品

簡単に手に入る薬、医薬品。 購入者は手軽に薬局、ドラッグストアで購入することが出来ます。 しかし、販売者には規定があり、薬剤師という資格はもちろん、書類の提出、店舗の販売配置までと、決まりがあり、その項目をクリアできなければ、販売はできません。

第三類薬品について

一言、第三類医薬品と言っても、何がなんだかわからず、パット来ない感じしますが、例をあげてみると、ビタミン剤の、チョコラBB、Q&Pコーワゴールドが代表的な第三類医薬品ではないでしょうか? 言われてみると、意外と知られている薬が第三類医薬品です。

医薬品でも薬

今の時代、簡単に購入できるようになった医薬品。 自分の症状にあった薬を購入し、予防や治療ができるようになりました。 しかし、中には服用方法を守らず、効かないからと乱用し、または悪用しては体に害を及ぼし、悪化してしまいます。あくまでも、薬と言う事を忘れてはいけません。

医薬品の販売について

医薬品とは医療用医薬品と一般用医薬品にわかれます。
また、もう一つの分類があり、処方せん医薬品と処方せん医薬品以外の医薬品と、2つにわかれます。
また、それとは別に最近、処方箋でよく耳にする、ジェネリック医薬品は後発医薬品などと言い、もう一つの分類があります。

ここでは、一般用医薬品の第三類医薬品について簡単に説明しています。
一般医薬品は種類別でいうと、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品にわかれます。

一般用医薬品とは病院で診察をし、処方箋がなくても、一般のドラッグストアで薬が手に入る事ができ、良く聞く言葉で、市販薬と言います。
または、一般医薬品をOTC薬とも言われます。
OTC薬とはOver_The_Counter_Drugと言い、カウンター越しに買える薬のことをいいます。
第三類医薬品とは副作用の心配も比較的少なく、ドラッグストア以外のスーパーやコンビニ、通信販売でも販売、購入することができ、販売者は購入者からの質問がない限り、説明などはいらなく、購入者は手に取って購入することができること。
主にビタミン剤、整腸剤が多いとされています。
ちなみに、第三類医薬品も医療費控除の対象となる場合がありますので、風邪薬などと一緒に、薬用のど飴を購入するのもいいでしょう。
その際は、必ず、レーシトを、もらっておくようにしましょう。年間で医療費が10万円をこえる場合には、一緒に申請してみると良いでしょう。




TOPへ戻る